読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からの細く長い山歩き

40歳頃から登ったり休んだりして続けている山歩きの記録と山のために買った物の記録です

テント購入検討中

       f:id:oyamanobori:20170416185746j:plain

平野では雪もなくなり、気軽にキャンプができる時期になりました。

 

5月の連休に湯治場にでも行こうかと思って、2泊3日くらいで宿を探していましたが、自分好みの宿としては、宿坊にするか山荘にするかで迷ってました。

今回は社会人のコドモ2人と一緒の旅行です。

 

どうせなら、1泊はテント泊にしようかと思って、いつもは友人と行くので友人のテントを使ってたのですが、家族と行く用にも欲しいと思ってたので、購入検討開始。

 

条件としては、

①今年も、雷鳥沢や劔沢には行く予定なので、とりあえずは、山用のしっかりしたテント

②テントをしょって縦走をすることはないので、重さはあまり気にせず、3人用にする

③設置しやすい

 

で、ネットで色々探してみました。

4人用のテントだと高い!6万?7万?

 

3時間ほどかけて、ネットで探し続けました。

 

まず、ヤフオクで探す。

色が素敵なMSR。

f:id:oyamanobori:20170416194603p:plain

 

MSR Elixir 4 エリクサー4 FP付 テント 4人用 、即決価格 46,800円ですが、入札がはいってません。

ということは、山用品店の通販で6万程度だったけれども、 46,800円よりももっと安く手に入るということですね。

山用品の通販で一番安いところは、4万円台でありました。

 

お次Amazonへ。

MSR Elixir 4 エリクサーは、日本正規品、というのと海外並行輸入品というのがあって、輸入だと1万円以上は安いみたいです。

ただ、輸入元の評価のばらつきがあり、違う物が届いた時の対応の悪さの目立つ輸入元もあって、少し悩みます

ただ、日本正規品も海外輸入品も製造元は台湾です(笑)

 

ためしに日本産、アライのテントを探してみると、値段はどこも変わらなかったです。輸入品はやはり、それを仕入れて日本で売ってるぶん、かなりの値段の違いがあるようです。

 

MSR Elixir 3に限っては、Amazonでは36,800円が最安値でした

Amazonではない、某並行輸入会社で30,420円というのも見つけましたが、そのサイトは会社の説明もなく、メールアドレスはあるけれども、会社名もないというサイトだったので、ちょっと怖くてそこからは買えないです。

 

お値段的には、モンベルのクロノスドーム4が38,340円

ちょっと迷う・・・

f:id:oyamanobori:20170416194804j:plain

さてさて・・・どちらにしましょうか

MSRはフットプリント標準装備というのがポイント高いです

ここ数日中に決めねば、輸入品だとGWには間に合わないですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪国から九州へ 泊まりはコテージ

雪国から九州へ、車で行ってきました

時々、車で長距離運転に挑戦したくなります

 

兵庫でも雪に囲まれた道路を走り、鳥取でもかなり雪があって驚きました

 

途中で見た大山の綺麗だったこと!

 

まるで雪国の山ですねぇ

f:id:oyamanobori:20170326215243j:plain

 

 

今回の1泊目

島根県出雲市のきららコテージというところ

f:id:oyamanobori:20170326214322j:plain

 

高速を使わずに行けるものか挑戦したので、到着は夜10時になりました

そして、九州を目指したので、夜明け前に出発

もっとゆっくりしたかったと思うほど素敵なコテージで、このコテージの横の道から海に下りれます

 

2泊目はふつうのお宿で

3泊目は九州から山口まで戻ったので、秋芳台の家族旅行村のコテージです

テント泊にしようか迷ったのですが、地元の食材を買い込んで料理もしてみたかったのでコテージにしました

 

f:id:oyamanobori:20170326214412j:plain

 

コテージでの朝のコーヒー

 

山は好きですが、木が好きなんだなぁと感じます

木のあるところを歩くのは本当に気持ちがよいです

 

ソロ登山者の割合は4割強

f:id:oyamanobori:20170219233911j:plain

                                                    ヤマケイオンライン 2014年度調査より

 

先日、ネットの特集で、30~40年前と比較すると、ソロ登山がかなり増えたという記事を読みました

 

一昔前は登山といえば、高校・大学の登山部出身者か山岳会に所属してパーティーで登る人が多かったと書いていました

 

今は山だけでなく、集団行動、強いリーダーよりも、個を大切にしてマイペースが好まれているので、当然の変化かなぁと思います

 

2014年にヤマケイがソロ登山に関する意識調査を行っていて、その結果をもとに、思ったことを書きます

 

f:id:oyamanobori:20170219234048j:plain

                                  (同調査)

一番多いのは

「山行中は自分のペースで行動したいから」

わかります!

歩くペースが同じくらいの人って、なかなかいなくないですか

多分ベテランさんは、相手に合わせる技能をもってらっしゃるんでしょうけれど、私は無理ですね

一緒に歩く人が速くても遅くても、疲労度がかなりアップしてしまいます

自分が一番楽なペースで歩きたいです

休む、水分をとる、も、自分のペースでしたいです

今日はなんだか調子悪いから、頂上まで行かないでおこう、とか、天気が悪いからやめておこう、というのも自分で決めたい

 

2番目「自分のスケジュール優先で計画したいから」

わかります!

仕事の休みや家庭の事情を考慮すると、1年に何回友人と行けるのでしょうか

しかも、行きたい山が違う・・・

今週末は有給も合わせて三連休がとれた、よっしゃ、と思っても一緒に行ってくれる人ってなかなか見つからないです

そのうえ、私は何度も同じ山を登りたいほうなので、あまり毎回付き合ってくれる人はいないです

 

3番目「静かに山を歩きたい」

本当にそうです

自分が静かに歩きたいからと言って、他の人にも「お静かに」と言うわけにはいかないのですが、登山道でも頂上でもずーーーーっとしゃべっているグループがいたりします

女性2人のグループなどでは特に、ずっとしゃべっている人が多い印象があります

家庭のこと、職場のこと、同僚の悪口、など、職場の休憩室か家の居間での延長のような話を山でずっとしている人たちもいて、嫌だなぁと思うことがたびたびあります

あんまり親しくない友人の友人、くらいの人とも一緒に行くときには、時々とてもおしゃべりな人がいるときがあって、とても困ります

 

5番「山が好きな友人がいないから」

これは、すごいですね

10人に1人は山好きな友人がいないことになります

周りに山好きがいないのに登山を始めた、とか、登山を続けている、というのはすごいことだなぁと思います

私の場合は山好きな友人はいるけどレベルと経済力が違いすぎて一緒に登れない、というところでしょうか

 

これからもゆっくりノンビリ安全にソロ登山をしていきたいと思います

 

 

 

今日も山歩き 城ヶ平山

f:id:oyamanobori:20170219122134j:plain

城ヶ平山の登山口の川です

きれいんだなぁといつも思います

 

週末晴れると、山歩きに行きます

行きたい、というより、行かなきゃ・・・って思っているかんじです

 

なんで、行かなきゃって思うんだろう・・・

って、考えると、夏になったら山に行きたいからなんですね

 

体力がないと、行きたい場所にも行けないし、事故を起こす確率もあがるし

歩くの辛いし

 

というので、せっせと夏山のために、トレーニングです

 

もともと、気に入ったら同じ本や漫画を何度も読み、同じドラマや映画をを何度も見るタイプなので、山も同じところに何度も行って、前とは違う発見をすることが楽しいです

 

f:id:oyamanobori:20170219132255j:plain

 

 

先週、雪がかなり降ったのと、一昨日、春一番が吹くくらい暖かかったので、雪解け水の量がすごい

これは登山道横の水路、というか溝です

 

今日は気温5°くらいでしたが、なんだか植物が春っぽい

 

f:id:oyamanobori:20170219133719j:plain

 

昨日の暖かさで、斜面の雪が登山道に雪崩れていました

低い山でも気をつけねば

 

トレーニングって言っても、天気がよくて、きれいな雪の上を歩くのは楽しいです

 

市内に雪は全然なくて、駐車場のすみっこに山積みされているだけだけど、山では少し登るだけで、まだまだ雪があります

f:id:oyamanobori:20170219140643j:plain

頂上に向かう登山道

 

ざらめの雪なので、ズボズボとはまる雪道なのですが、トレランのお兄さんが走ってました

 

 

ジュニア用スノーシューの使い心地

f:id:oyamanobori:20170212190454j:plain

 

先週、雪が積もってたときに、スノーシュー試したのですが、基本的に天気の良い日しか山に行かないので、積もってる雪はややザラメ

 

ジュニアスノーシューですが、適応体重は54キロまでとなってます

私は現在51キロなんで、それにお茶とか食べ物足しても、54キロを超えることはないです

が、ギリ、なんで、浮力としてはどうかちょっと心配してました

が、ツボ足で20~30センチ沈むところでもこんなかんじで大丈夫!

 

f:id:oyamanobori:20170212191542j:plain

 

あと、坂、心配でした

里山といえども、部分的には45°くらいの斜度があるところなんかもあるので、そこもこのスノーシューで行けるのかしら、と・・・

で、階段で試しました

 

f:id:oyamanobori:20170212191310j:plain

 

 

左側が私のつけたスノーシューの跡です

右がツボ足で誰かが歩いた跡

ためしに私もこの横をスノーシューなしで歩いてみたのですが、やはり30センチくらいズボりました

 

よかったーーー

 

友人が、どんなスノーシューでもダメな時はダメ、と新雪の時の写真をくれました

 

f:id:oyamanobori:20170215231333j:plain

 

 

 

ジュニア用スノーシューおすすめです!

f:id:oyamanobori:20170212103251j:plain

 

スノーシュー欲しいなぁ、スノーランがいいかなぁ、と以前からブログで書いておりました

 

それで、色々と調べてはいたのですが、調べれば調べるほどわからなくなりました

 

何を買っていいか分からない方はとりあえずMSRにしておけば間違いないといっても過言ではありません。

 というように、MSR推しは多いです

 

 

素人ほど高性能なギアをそろえろ、命に関わるぞ、という意見と、素人だから無理せず最初は安いモノで良い、の両方の意見があります

 

スノーシュー比較の記事で、MSR、TUBBS、ATLASを比較したものでも、圧倒的にMSRの評価が高いです

 

でも、まず、スノーシュー選択では

平地を歩くのか、山を登るのかでモノを決めなければいけませんが、私は山の林道を歩くのも好きですし、里山を登るのも好きです

 

どっちかなんて決められない、どうしよう・・・

と思いましたが、まぁ私の「雪山登山」なんて、本当に雪山行ってる人にとったら山歩きみたいなもんですから、そんなに気にしないことにしました

 

それより、問題は重さと大きさです

とにかく歩きやすくて、軽いのが欲しい

 

で、最初はコレにしようかと思いました

 

このスノーシューの説明が

起伏の緩やかな地形で高いパフォーマンスを発揮するトレイルスノーシュー 新設計のエクストラクト デッキと、デュオフィットバインディングを装備したREVOトレイルは起伏の緩やかな地形で高いパフォーマンスを発揮します。 女性用エクストラクト デッキ 射出成型プラスチックのデッキ本体と鋸刃付のフレームは、女性の歩幅・歩行に適した形状にデザインされています。 頑丈な構造 射出成型プラスチックは丈夫なうえ、歩行時にたわむことでクリップ力を増大させる働きがあります。 デュオフィットバインディング なだらかに起伏した地形で必要な安全性を発揮します。 あらゆる状況に対応 必要に応じて脱着可能なフローテーションテイルを使用すれば、1台のスノーシューであらゆる雪質や積雪に対応できます。

 

何を言ってるかわかりません!!

29,700円なり(*_*)

 

 

ATLAS(アトラス) スノーラン 1831857

ATLAS(アトラス) スノーラン 1831857

 

 やっぱりスノーランにしよっかな

20,520円

お財布にもやさしいし・・・

 

というので、近くのモンベルのお店に見に行くことにしました

 

 

 35,000円

約1.7キロ、23インチ

うーーーーん

もっとコンパクトなの欲しいなぁ

 

と思って、他のも見てみますと、なんとジュニア用のスノーシューに、適応体重が54キロまでと書いています

 

しかも20インチとコンパクト

重さは1.02キロ!!

 

カタログによると

 

 

耐久性が高く、適合荷重の範囲広い。

履き方がわかりやすく、固定用ベルトが絡みにくい、キッズ専用の「GROMバインディング」を装備。フレームは6063アルミニウムチューブを使った本格的仕様、大人用と比べてもなんら見劣りしません。子ども用ですが、妥協のないこのスノーシューは、適合荷重内であれば小柄な体格の大人の方でも使用可能です。

 

しかも、この時、旧モデルということで、14,500円のところ、いちまんえん☆

 

ショップ店員さんに、色々と情報をもらって、もう即購入しました

 

3万円くらいは覚悟してたので、とてもうれしい

 

試した結果は全然OKでした

 

ガツガツ登る人でない、ゆるーい山歩きの方にはお勧めです

f:id:oyamanobori:20170212112112j:plain

現行モデルはこんなかんじです

 

可愛くって、雪遊びにはぴったりです

 

 

遭難な気分を味わった日

今日は、出だしから変でした

いつも山歩きに行く日は、遅くてもお昼には歩き始めるくらいに出発するのですが、今日はなんだか仕事の疲れもあるし、山に行くのはやめようかなーと思って、午前中はのんびり料理したり本を読んでました

 

でも、せっかく良い天気だし、モンベルにザックを見に行きたかったので、一時半頃に家を出て、少しだけ山も歩いてこようかな、ってかんじでした

f:id:oyamanobori:20170204181104j:plain

モンベル立山店の駐車場から見た立山連峰

きれいです(*^-^*)

 

ここから近くの里山へGO

 

時間が遅いせいか、駐車場でも、登り始めてからも誰にも会いませんでした

登山口に着いたのが2時半頃でしたが、慣れた山だし、1時間で登って30分で降りたら全然大丈夫だと思って、のんびり歩き始めました

 

が、何を思ったか、普段は絶対やらないのに、ショートカットをしよう、と思いたち、登山道からはずれた道なき道を登り始めてしまいました

 

斜度45度くらいになり始め、ところどころにある笹の枝や地面に寝ている雪椿の枝につかまって、時々ずるずる滑りつつやっと斜面を登りきりました

この間、20分程度でしょうか

 

で、ショートカットで上のほうの登山道に出ると思ったら、道がなく、雪の踏み跡もないところにでてしまいました

f:id:oyamanobori:20170204173925j:plain

あるのはカモシカの足跡のみ・・・

私の義姉は車に乗っていてカモシカに攻撃されたことがあるので、カモシカさんにもあんまり至近距離では会いたくありません

 

こんな広場っぽいところで、雪は深いところで30センチくらい

ヒトの足跡は、私がどっかに道がないかなと思って探したときのです

 

f:id:oyamanobori:20170204174127j:plain

この先の樹木を抜けると登山道があるかもしれない、と思って、30分くらいはウロウロと探して、迷子にならないように、またこの広場に戻ってくる、を繰り返してました

頂上の方向はわかるので、そっちに行くべきか、元来た斜面を下りるべきか・・・

でも、斜面はやっと枝につかまりながら登ったところなので、下りれる自信がないからここから登山道を探してたわけで・・・

 

けれども、道に迷ったらとにかく元の道に戻れ、慣れてる山でも遭難すると「単独行遭難」に書いてありましたから、遭難するより転げ落ちて打撲程度なら何とかなるだろう、と覚悟を決めて斜面を下ることにしました

 

服はドロドロになって、ちょっとひっかき傷はできましたが、なんとか元の登山道に下りることができて、一安心

斜面登り始めてから登山道に登るまでで約1時間でした

 

気を取り直して、頂上を目指したのですが、またしても、間違ったことのない道に迷い込んでしまいました

 

オカシイ・・・

今日は登ってはいけない日なのね

狐さまか天狗さまが私をからかってらっしゃるのかもしれない

 

というので、本日はピークを踏まずに撤収することにしました

f:id:oyamanobori:20170204184701j:plain

 

途中のコンビニで買った甘いヨーグルトドリンクが美味しい(^^)

 

そう、今日はお水も玄関に置き忘れて持ってこなかったんです

1時間半程度だからまぁいいか、と思って、コレだけ途中で買いましたが、喉乾きました

 

気を引き締めていかねば・・・

今日を教訓に、安全な山歩きを心がけます

 

 

 こういうの読んでおくと、「こんなベテランさんでも遭難しちゃったりするんだから、自分もするかも」と気を付けるようになると思います

読み物としても面白いし

ドキュメント 単独行遭難 (ヤマケイ文庫)

ドキュメント 単独行遭難 (ヤマケイ文庫)

 

 

 

生死を分ける、山の遭難回避術: 実例に学ぶリスク対策の基礎知識