読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からの細く長い山歩き

40歳頃から登ったり休んだりして続けている山歩きの記録と山のために買った物の記録です

千石城山 晴れた!行かねば!

起きたら快晴!
昨日の天気予報ではお昼から雨、とありました
そして、綺麗なレンズ雲が劔の上と毛勝の上にありましたが、しばらくは大丈夫そう

久しぶりに千石城山に行くことにしました
久しぶり、というか、ここは冬は来たことがないんです
昨日が城ヶ平山でかんじきいらなかったし、今日も大丈夫だろう、と思って食べ物と飲み物だけ持参です
f:id:oyamanobori:20170129235619j:plain

でも、城ヶ平山の登山口付近より全然雪が多いです
道路に雪はないのですが、両横の雪がなかなか・・・
f:id:oyamanobori:20170129235654j:plain

どこが登山口がわからなかったのですが、その辺をウロウロしていると、何組かの方が坂を上って行かれます
この写真の雪のないアスファルトから右手に登っていきます
f:id:oyamanobori:20170129235729j:plain

あぁ、そういえば、ネットに「ふるさと劔親自然公園」の看板が登山口って書いてあるのを見ました
夏だったらここに駐車場があるので、その下の登山口がわからなかったんです
そして、この看板の後ろに見える坂を登るのですが、けっこうズボズボはまるし、かんじきの跡もあるので、ツボ足でどこまで行けるか、と思ったのですが、まぁ、行けるところまでってかんじで出発!
f:id:oyamanobori:20170129235815j:plain

この坂を登ったところで振り返るとなんだか可愛らしく埋もれている建物があり、その奥に早乙女湖があります
ここは、春からはカヌーに使われています
ほぼ凍っていて、とてもきれいです
こういうのを見ても、スポーツって雪国は不利ですね
南国だと冬でもカヌーの練習できるんでしょうから

f:id:oyamanobori:20170129235912j:plain

明るい杉の林を歩きます
昨日より寒いです
f:id:oyamanobori:20170129235952j:plain

そして、尾根に出る手前はこんなかんじで、かんじきやスノーシューの跡が多くなります
時々ズボりますが、行けないことはありません
ここに来てようやく下山する方にお会いしましたが、かんじきナシで大丈夫、と聞いて、一安心

f:id:oyamanobori:20170130000405j:plain

頂上でお昼ご飯(*'ω'*)
ソロの方2人
2人パーティが2組
みなさん、年齢が高いためか、しずかーに山を楽しんでいます
こういうの、いいです(-ω-)/

途中で曇ってきたのですが、信州のほうは晴れていたようで、槍のてっぺんが見えてました

千石城山:757.3メートル
駐車場標高:300メートル
登り1時間
下り30分